へたれシュレッダーの随感録

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年のJFCについて

<<   作成日時 : 2012/08/13 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これはやはり書いておいたほうが良いだろうということで。
今年のJFCは限りなく参加する可能性が低いです。これは、競技だけでなく大会そのものへの不参加という意味です。
理由としてはいくつかあるのですが、一番大きい理由は腰の外傷です。

とは言っても、現在は実際にはほぼ完治に近い状態ではあります。
しかし、この怪我の為、6月の中旬〜7月全期間において、フットバッグはおろかまともな運動すら出来ない状態でした。
ようやく運動を再開できたのが8月に入ってからで、最近になってようやくトレーニングと呼べるレベルまで運動強度を上げられた、という様な状況です。
要は、この半年くらいまともにフットバッグの練習をできてない(していない)という状況なわけですね。

更にこの先半年くらいは、自分の立場的にテニスにかなり力を入れなければならない、また自分としても力を入れたい、というのももう一つの大き理由です。
よって、致命的に練習量が不足している中で、今後もしばらくはあまりフットバッグの練習時間は取れない(少なくとも専念はできない)。このような状態で参加しても、全てが中途半端に終わるだけだと判断しました。
その中で、時間的・金銭的負担を負ってまで参加する理由をどうしても見つけられませんでした。

ただ、フットバッグの競技への参加については今後も続けたいと思ってますし、モチベーションが下がったわけでもありません。これまでのスタンスを根本的に見なおそうかとは思ってますが。これまでも少しずつ計画し、またこのブログにもちょくちょく書いてきたことではありますが、これをはっきりさせようということですね。

なお、これはある意味で自分にとって、フットバッグの競技において初めてといっても良いくらいの「挑戦」になるだろうと思います。
といいますか、私のこれまでのフットバッグへの取り組みは、競技スポーツという観点から見れば甘い事この上ない内容だと判断できると思います。よって、もっとフットバッグという「競技」に真剣に取り組むことが当面の目標となります(甘さを消すといってもいいでしょうか)。
また、それが許される環境を構築できつつある、ということでもあります。特に、自分としては全く予想していなかったのですが、職場で係異動となったのが大きいです。これによって、これまでよりも明らかに時間的には余裕が出来ますし、精神的な負担もかなり軽減されました。まだ移動したばかりで不慣れな部分もありますが、これは徐々に解消されていくでしょう。
どのような結果に終わるかは自分次第ですが、来年のJFCである程度形になっていればとは思います。
最終的な目標はワールズに置きます。可能な限り再来年、遅くともその次の年ですね。

最後になりますが、今年のJFCに参加される皆様の健闘を祈ります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年のJFCについて へたれシュレッダーの随感録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる