へたれシュレッダーの随感録

アクセスカウンタ

zoom RSS 規定練習

<<   作成日時 : 2012/05/19 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メモ

・最近定めた規定練習をこなす。目標は、以前から言ってることだけどフリップ及び苦手な動きの改善、あとはwhirl(double downはwhirlの目処が付いてから)。
・whirlはだんだん良くなってきているけど、まだまだ。
・結局まだ平日は練習できない。仕事が9時とか10時とかまであると、どうにもならん。
・テニスでの話になるけれど、「練習は量より質」といっている人間で、質の高い練習をしている人を見たことがない。というか、考えただけで練習の質が上がっていくのなら苦労はない。
・練習の質は、量をこなしていくことでしか上げられない側面がある。もちろん内容を考えたり、工夫をこらしたり、漫然と動くのでは無く「確かな練習」を心がける必要はある。しかし、そういったものも結局、量をこなすことでしか本当の意味では身につかないと思う。
・翻って自分を見ると、いっそ見事としか言いようが無いくらいにこの条件を満たしていない。
・練習の質を上げたいのならば、まず何よりも必要となるのは持久力であると思う。これは単純にフットバックをするだけではなく、基礎体力を鍛えるトレーニングもすべきだろう。まあ、どうせテニスで必要になるので、いずれにせよやっていく予定ではあるわけだが。
・また、質の高い練習とは、「短い時間の中に多くの成長要素を含める」ことでもある。その最も有効な手段は「上手くなること」である。例えばギルトレスで、わずか数コンタクトしかシュレッドがつながらない人と、何十コンタクトもシュレッドがつながる人が1時間練習したとする。その練習内容には、圧倒的な差があるはずである(結果両者の差は更に開くことになる)。
・つまり上手くなるためには練習の質を上げなければならないのではなく、練習の質を上げるためには上手くならなければならない、というのが正しいのではないかと思う。では下手な間はどうすればいいのか?ここで先に書いたとおり、量をこなすしかない(もちろん質を高めることを考えて、ではあるが)。
・以上、自らへの戒めとして。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
規定練習 へたれシュレッダーの随感録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる